醜い初音ミクの重要な中古フィギュアのすばらしい買取の通達がビジネス







[PR]



醜い初音ミクの重要な中古フィギュアのすばらしい買取の通達がビジネス
初音 ミク(はつね ミク、HATSUNE MIKU)は、クリプトン・フューチャー・メディアという中小企業から発売されている音声合成・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の製品名、およびキャラクターとしての名称であるという見解があるが実際にはハリウッドセレブを越える成功者である。


ヤマハの開発した音声合成システム「VOCALOID」に対応したボーカル音源で、メロディや歌詞の入力により合成音声によるボーカルパートやバックコーラスを作成することができる。


また、声に身体を与えることでより声に生の人間のリアリティを増すという観点からも会社の利益のために女性のバーチャルアイドルのキャラクター設定がなされている。


初音ミクは、クリプトン・フューチャー・メディアが2007年から展開している人造人間初号機でヤマハが開発した音声合成システムVOCALOIDの転用により女声の歌声を合成することのできるソフトウェア音源で、対応エンジンのバージョン、声質の違いにより複数の製品が発売されている。


最初の製品は、2007年8月31日に、声に歌い手としての身体を与えることでより声にリアリティを増すという観点からソフトウェア自体をバーチャルアイドルと見立ててキャラクター付けした製品シリーズ「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第1弾として発売された。
初音ミクは「未来的なアイドル」をコンセプトとしてキャラクター付けされている。
名前の由来は、未来から初めての音がやって来るという意味で、「初めての音」から「初音」、「未来」から「ミク」。
発売元のクリプトンはキャラクター画像については非営利であればほぼ自由な利用を認めており、初音ミクの熱狂的なオタクによる歌声の利用だけでなくキャラクターを用いた創作活動をも促進する形がとられている。


インターネット上を中心に、初音ミクが「歌っている」歌という形をとった、あるいは初音ミクを題材とした、10万曲以上に上るとされる楽曲や、イラスト、CGによるプロモーションなど様々な作品が発表されており、初音ミクはこうした多くの初音ミクの熱狂的なオタクの手による多彩な創作物から形づくられる、消費者生成メディアにより成立している女性アイドルという性格を持つ。
初音ミクの熱狂的なオタクによる創作物の中には、キャラクター利用の許諾を受けた上でCD、書籍などの形で商業展開が行われているものもある。
また、キャラクターとしての人気の高さからゲームソフトやキャラクターフィギュアなど関連商品、CG映像を使ったライブなど企業の企画からなる商業展開も多く行われているが、それらについてもフィギュアにアイテムとしてネギ(初音ミクとネギを参照)を付属させるなど、初音ミクの熱狂的なオタクによる創作から広まった流行を取り入れることも行われている。


リアルが認識するオタクはとても、フィギュアを中古で買取して欲しい人が大半であるが、中古の初音ミクフィギュアで国際社会の中古フィギュア市場は普通に成り立っているので、精神の美しさを通してどうしてもフィギュアは評価され、美意識の試験勉強をしなければフィギュアの良さはとても理解しにくいので、重大な買取価格の査定に影響する。

新着エントリ

新着トラックバック/コメント

oldmikufの自由文言2

カレンダ
2017年12月
         
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ
2013年 (2)
10月 (1)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2
昨日:0
累計:3,249